永久脱毛の回数は施術部位によって異なる!?

施術部位ごとに永久脱毛の完了期間が違うのはどうして?

脱毛を行う際は、体毛の生える時期を考慮して施術を行っていくことになります。これは、体毛には成長してやがて衰え、抜け落ちるまでの過程を一つの毛の成長サイクル(これを毛周期と呼びます)としており、毛の成長に合わせて脱毛を行っているためです。
脱毛が受けられる場所には、脱毛専門サロンやエステサロンなどの他、皮膚科や美容外科などのクリニックでも受けることができます。その中で、永久脱毛に近い脱毛効果を得られるのが皮膚科や美容外科などのクリニックです。こうしたクリニックでは、医師でしか使用することができない医療レーザー脱毛マシンで施術を行うので、毛の根元の生成に関わる細胞をより高い確率で破壊することができ、永久脱毛に近い効果を実感できます。
しかし、サロンやクリニックで扱っている脱毛機器は、毛やメラニンのような黒いものに反応して光やレーザーを照射する仕組みとなっているため、成長期に入った毛でないと反応しないのです。
更に、成長期の毛量は部位によってそれぞれ異なっており、また皮膚から出ている成長期の毛は、これから成長していく皮膚内部にある休止期の毛よりも少なく、一番少ない足では20%~30%程度と言われています。従って、1回の施術で脱毛できる毛量はごくわずかなのです。

永久脱毛の費用の違いについて

部位別の永久脱毛完了期間について

永久脱毛したい部位は人それぞれ違いますが、ではどの部位がどれだけの施術回数を必要とするのでしょうか。ここでは、より永久的な脱毛効果が得られるとされる、クリニックでの医療レーザー脱毛法での回数で検証してみます。
今脱毛で人気となっているのが、体のほぼすべての部位を脱毛する全身脱毛です。全身脱毛の場合、各部分ごと毛周期に合わせて脱毛を行っていくこととなり、2か月~3か月ごとの施術で年単位の期間を要することになります。女性のニーズが高いワキの脱毛においては、2か月~3か月ごとに3回~4回程度通うことで効果を実感できるようになります。手や足の脱毛においは、3か月~4か月ごとに3回~4回程度で効果を実感できるでしょう。
永久脱毛の定義としては、「脱毛が完了してから約50年間において毛が生えてこないこと」となっていますが、この脱毛方法が確立してから50年という年月を経ていないためその効果は立証されていません。しかし、医療レーザー機器は日々進化を遂げており、永久脱毛に近い性能を持ったマシンにおいて施術を行っているので効果は期待できるでしょう。
永久脱毛を受ける際には、ある程度の期間を要することとなるので、余裕をもって施術を受けるようにしましょう。

脱毛サロンによって費用を比較してみる